クラス

クラス(class)は、オブジェクト指向プログラミングにおけるオブジェクトのひな形に相当します。
クラス自身またはクラスのインスタンスが保持するデータ(フィールド/メンバ変数)と、データに関連したオブジェクトの振る舞いを記述できます。

オブジェクト指向では、関連するデータやその操作するメソッドを一つのオブジェクトと呼ばれる単位に 一体化(カプセル化)して取り扱います。

クラスの記述例

ここでは Employee という社員に関する情報(従業員コード、従業員名 等)の設定、読み込みを行う「プロパティ」、 GetAgeという年齢を返却する「メソッド(メンバ関数)」を持つクラスを定義しています。

// Class program in C#.
using System;
namespace EFnote
{
    public class Employee
    {
        // 従業員コード
        public int Code { get; set; }
                        
        // 従業員名
        public string Name { get; set; }
                        
        // 評価 
        public double Evaluation { get; set; }    

        // 生年月日
        public DateTime Birthday { get; set; }  
                        
        // 誕生日がまだ来ていなければ、1引く
        public int GetAge()
        {
            DateTime now = DateTime.Today;
            int age = now.Year - this.Birthday.Year;
            // 誕生日がまだ来ていなければ、1引く
            if (now.Month < this.Birthday.Month ||
                (now.Month == this.Birthday.Month &&
                now.Day < this.Birthday.Day))
            {
                age--;
            }

            return age;
        }
    }
}

インスタンス

クラスから生成したオブジェクトの実体のことをインスタンス(instance)と呼びます。


Last updated:2017/08/11
Author:efn

';